食文化

食文化

「ユカタンでは、世界の果ての、その向こう側にまで行ける」という有名な言葉があります。このフレーズを聞くだけで、ユカタンの人々やその祖先、そして、マヤの文化が息づくこの空間を想像し、初めてマヤの文化に溶け込んだスペイン人ゴンサロ・ゲレロの時代から、どのように様々な人種がユカタンの地で混ざり合ってきたか思い浮かぶことでしょう・・・その偉大な時の流れの中に、我を忘れてしまいます。

影響

ユカタン料理は古代マヤで使われていた原料、ヨーロッパ由来の味付け、そしてカリブと中東の食文化の影響を受けています。

多様性

ユカタン半島が長い間メキシコの他の地域との交流が無かったこと、そして、港町としてヨーロッパ、キューバ、ニューオーリンズと絶えず交流があったことがユカタン半島の独特の食文化を作り上げ、ユカタン料理の名をメキシコ全土、そして世界中に広めました。

主な食材

かぼちゃの種やオレガノ・・・様々なハーブとスパイスの洗練されたハーモニーがユカタン料理独特の味わいを醸し出します。

代表的な料理

コチニータ・ピビル、ロス・サルブテス、パヌチョス、ポクチュック、ライムスープ、ブラックフィリング、チーズフィリングなどに代表されるユカタン料理は香りと色彩に富んでいて、ユカタンの美味しい食卓を彩ります。

おすすめのレストラン